スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日

「父の日」
 那智 文江(主婦 46歳 東京都)

もうすぐ父の日である。父の日とは父に感謝する日である。
我が家では夫は毎日本業と副業、家事をこなしている。
今年は娘と話し合い、夫に感謝の気持ちを込めて盛大に
父の日を祝うためホームパーティーを行うこととした。
我が家のリビングで特大ケーキとシャンパンで乾杯をして
高級松坂牛のステーキをいただく。
ビンゴゲームやカラオケなども行いたい。
人数が多い方が盛り上がるので、専業主婦仲間の軽部充子さんや雁尾千恵さん、
他にも6名の方に参加していただくことなった。
合計10名でのパーティーはとても盛り上がるだろうと今からワクワクしている。
早速ケーキの発注や松阪牛の予約、専業主婦仲間の皆さんへの招待状の送付に娘と取り掛かった。

そして普段日の丸弁当で働いている夫に感謝の気持ちを込めて外食で
牛肉を食べてもらおうと吉野家へ送り出した。

我が家では女性陣だけのパーティーが始まったところに息子がアルバイトから
帰宅したが、父に感謝するパーティーだからとバイト代を全額出させ、普段日の丸
弁当で働いていることに同じ気持ちになるようさらい飯のおにぎりを食べさせた。

こうしてパーティーの夜はふけていくのであった。
スポンサーサイト

テーマ : 男女問題
ジャンル : 政治・経済

男に高級腕時計など無用

「男に高級腕時計など無用」
 那智 文江(主婦 46歳 東京都)

先日、いつものようにインターネットを検索していると、妙な記事
に出くわした。
「できる男」をアピールしたいのなら、男は腕時計にお金をかける
べきだと言うのだ。女性が初対面の男をチェックする時には、腕時
計を見ている女性も結構多い。男が女性に好かれるには、身だしな
みを整えることが大事だが、中でも、袖口からチラッとのぞく腕時
計には、注目している女性が多いと記している。身だしなみを整え
るうえで、腕時計はとても重要なポイントであって、センスの良さ
をアピールするシンボルとも言えるので、腕時計にだけはお金をか
けてもいいかも知れないと述べているのだ。一体この記者は、何を
考えてこのような血迷った記事を書いたのだろうか。一度でも男が
この手の贅沢を覚えたら、どこまでも歯止めがかからなくなり、挙
げ句には借金塗れになって、その男と交際をし始めた女性も、結局
は一緒に泣かされる破目になるのだ。若い女性たちは人生経験が浅
いので、「できる男」の定義を間違えている。確かに、仕事の力量
や経済的余裕などは、男を選ぶうえで大切なことだが、交際してか
ら、いざ結婚ということになれば、相手の男の資産は妻となる自分
の資産になるのだ。その後は、仕事と家事のすべてを夫が引き受け、
妻は自分磨きを楽しむのが、「正しい婦夫のあり方」である。そし
て、自分の務めをそつなくこなす男こそが「できる男」なのだ。つ
まり、男に高級な腕時計などは無用の長物であり、必要なのは家事
に用いるキッチンタイマーである。夫は時間のことなど気にせずに、
力の限界まで妻の為に働き続ければ、それでいいのだ。

テーマ : 男女問題
ジャンル : 政治・経済

睡眠障害

「睡眠障害」
 秀里 音子(学生 23歳 東京都)

先日、電車内で座っていると、少し離れた場所から次のような言葉
が聞こえてきた。
「俺の女房は専業主婦のくせして、朝は寝たままで朝食も作らない
し、夜に帰っても晩飯も作ってない。どうやら徹夜でインターネッ
トに嵌っているらしい。最悪だ」。そちらの方向に目をやると30
前後の男がぼやいていて、話し相手の男も「それは災難だなぁ」な
どと頷いている。何を言っているのか。災難なのはその男ではなく、
妻である女性の方だ。その女性は重度の睡眠障害に悩まされている
のだ。かく言う私も、思わず夜更かしをして、朝になっても起きら
れないことはたまにある。これが男なら単なる不摂生だが、女性の
場合は恐ろしい睡眠障害なのだ。そして、妻を睡眠障害に追い込ん
だのも、この夫の責任に違いない。夫の身勝手な生活習慣に、無理
矢理付き合っている間に、すっかり昼夜が逆転してしまったのだろ
う。その自覚も無いまま、神経疾患の妻を労わるどころか悪口を言
うとは、まったくもって最悪の男だ。私には結婚願望は無いが、も
しこんな男が夫だったら、即離婚して莫大な慰謝料を請求するとこ
ろだ。朝食が食べたいなら、朝起きて自分で作ればいいではないか。
夕食が食べたいなら、夜帰って自分で作ればいいだけだ。だいたい、
妻の下僕たる夫には、家の主人である妻に黙って仕える努めがある。
妻が専業主婦だろうが何だろうが、できる限り家事は自分が分担し、
妻に尽くすのが夫の役目なのであり、それが今の世の中の常識、い
や決まり事なのだ。その程度の認識も持たない、しかも自分の世話
を自分で焼けない無能な男が、一丁前に結婚するとは1000万年
早すぎる。しかも、睡眠障害という重い病を患っている妻に献身で
きないとは、この男は夫として超失格だ。

テーマ : 男女問題
ジャンル : 政治・経済

男児のジャンケン遊び

「男児のジャンケン遊び」
 那智 文江(保育園園長 61歳 東京都)

公園の前などを通りかかると、たまに男児同士がジャンケンをして
いる場面に出くわす。だが、そのジャンケンに苛立ちを覚えること
が多い。男児たちの態度があまりに情け無いのである。例えば、
「絶対勝つからな」と吠えるなど、熱くなりすぎる。「タンマ! 
何を出そうかな」などと、勝負のタイミングを何度も遅らせる。
「弱いから嫌だ」と、ムキになってジャンケン
を拒む。負けた後にブツクサと文句を言って、不機嫌になる。1回負
けたのに、後から「3回勝負」と言うなど、負けを認めない。後出し
をするなど、卑怯な手段を使う。「最初はグー」などと、くだらぬボ
ケをする。グー、チョキ、パー以外を出し、「これは無敵だ」と言い
放つなどなど、まったく男らしさのかけらすら感じられない。当の男
児たちは、「ただのお遊び」と思ってジャンケンをしているかも知れ
ない。だが、彼らも将来大人ともなれば、ジャンケンをするからには
「ただのお遊び」ではなく、何か大事なものを懸けなければならない
暗黙の掟がある。それは時に、自分の生命であったりもする。今の世
の中には、そうした基本的なことを男児に伝えられる大人たちも少な
くなった。教師や保護者たちですら、男児たちを甘やかし、ジャンケ
ンを「ただのお遊び」で済まそうとしている。それでは度量のある男
には育たない。何故なら、勝負の真剣さを知らないままだからだ。そ
して、世の賢明な女性たちは、男の度量を実に正確に測ることができ
る。結果として、度量の無い男どもは女性の盾にもなれないから、不
要な存在として社会から弾き出される。だいたい、物事を決めるのに
ジャンケンをすること自体が軟弱で男らしくない。男なら、飴玉一つ
を巡っても拳を交えるぐらいのことはするべきだ。いや、男どもは悪
しき物欲も捨てて、ひたすら殴り合いを続けるがいい。その間に、女
性たちは良い物欲を平和的に満たすことができる。それが正しい社会
の姿なのだ。

テーマ : 男女問題
ジャンル : 政治・経済

悪夢が現実とならないように

「悪夢が現実とならないように」
 那智 文江(専業主婦 46歳 東京都)

 昔々、世界一の少子高齢化社会の国がありました。その国は、社会
保障を維持する為に婚活を奨励しました。すると、男どもは「結婚に
興味が無い」だの、「結婚したい相手がいない」だのと拒み続けまし
た。とりあえず、国は若い男たちに「結婚強制法」を課すことにしま
した。その結果、結婚世帯数は世界の平均水準になりましが、ただ一
つだけ問題が残っていました。法律で結婚させられた夫どもは、「正
しい家族のあり方」についての認識が、全く欠如していたのです。稼
ぎが悪くても、家事が山積みになっても、精を出して勤めを果たす夫
の数は減りました。一方、妻のほうも家事に追われたり、パートに出
たりしなくてはならなくなり、本来の努めである自分磨きの時間は、
どんどん失われてゆきました。それでも夫としての自覚を持てない男
は、今度は遊興に耽って借金をし始めました。妻である女性たちは負
債の返済の為に、ますます重労働をしなければならなくなり、子供を
作る時間さえ奪われてゆきました。結婚生活に失望する妻だけが増え
ました。結局、早々と離婚する夫婦ばかりが増えて、子供の数は全く
増加しませんでした。その結果、2030年頃には、1人の現役世代が1
人の高齢者を支えなければならない、超高齢化社会となりました。社
会保障は崩壊し、医療介護に従事する人手も不足して、たくさんの
高齢者が孤独死を迎えています。この物語が現実にならないように、
子供たち、特に男児には幼い頃から、結婚の必要性と「正しい家族の
あり方」について、みっちりと教え込む必要があるのだ。

テーマ : 男女問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

那智文江

Author:那智文江
人はこの世に生きる間、必死に努力して自分を向上させなければならない、そこに男女差はない。男女間の唯一の違いは何をするかなのだ。

なお、twitterで那智文江のつぶやきを提供している。男どもはこれをフォローすることで女性への忠誠と奉仕を態度で示すのが、正しい社会のあり方であろう。
http://twitter.com/nazifumie

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ















現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。